【参加体験談-第2弾-!】海外サマープログラム2023説明会のお知らせ | 東京インターナショナルスクール

2023.01.04

【参加体験談-第2弾-!】海外サマープログラム2023説明会のお知らせ

Hello everyone,

昨年12月にご案内した海外サマープログラム2023の説明会の開催まで、あとひと月と近づいてきました。

既にたくさんの方に関心をいただき、多数のお申込みをいただいています。
オンラインでの開催なので、ご自宅やお出かけ先からも視聴いただける説明会です。

今回は記事の後半では、2022年夏にご参加の方の参加体験談-第2弾もご紹介しています。そちらもぜひご覧ください!
>> 海外サマープログラム参加体験談第2弾(この記事内の下に跳びます) <<

 

【2023年も開催!】2023年7~8月各週5組限定!心身ともに大きく成長できる海外サマープログラム

当スクールで学んでいる英語やグローバルスキルを大きく一歩成長させることのできる、海外サマープログラムに参加してみませんか?

株式会社留学情報館と提携で、東京インターナショナルスクール キンダーガーテン/アフタースクールの在校生だけにご提供する親子参加の特別プログラム。
開催は2カ国、イギリスとアメリカです。

主な参加者は、世界各国または現地アメリカ人の同年代の子供たちです。
日本人がほとんどいない環境の中で、様々なアクティビティやスポーツ、遊びを通じて、自立心や挑戦する気持ち、適応力や国際感覚などを育てるプログラム。
英語だけではなく、スクールで学んでいる様々なグローバルスキルを実践し、心身ともに大きく成長できる、大きなチャンスです。

<サマープログラム対象年齢>
・4歳〜17歳
※プログラムは年齢ごとに分かれた内容になります。
本サマープログラムは東京インターナショナルスクール キンダーガーテン/アフタースクール(LTEコース含む)の生徒限定のご案内となります。一般の方はお申し込みいただけません。

<サマープログラム開催期間>
・2023年7~8月の2週間
※日程はプログラムによって異なります。詳しくは説明会にてご案内します。

 

― プログラムの詳細、滞在先の様子、料金やお申し込み方法などの説明会を開催します ―

■説明会で知れること
・サマープログラムって何?
・誰が参加してるの?
・どこで開催してるの?
・サマープログラムで身に付くことは?
・人気のサマープログラムは3月で満席になるって本当?

■説明会日程
①2023年2月5日(日)10:00~11:00
②2023年3月11日(土)11:00~12:00
※オンライン(Zoom)で実施します。※どちらの日程も内容は同じです。

>> 海外サマープログラム2023説明会お申込みはこちら <<
※当スクールの在校生のみが対象です。

 

 

 2022年ご参加の方から届いた体験談をご紹介!-第2弾- 

今回は、2022年夏の海外サマープログラム参加者インタビューの第2弾です。
>> 体験談の第1弾はこちら <<

こちらのIさんは、アメリカ・ロサンゼルス近郊滞在、University of California, Los Angeles(UCLA)見学を含むプランに参加しました。
なんと、親元を離れてIさん一人での参加です!
2週間の現地滞在の間は、目に映るもの、体験すること、そのどれもがとても新鮮だったそうです。

海外サマープログラムでIさんがどんな経験をしたのか。
ご本人からたくさんお話を聞けたので、ぜひご覧ください。

 

1.今回の海外サマープログラムに参加しようと思った理由についてお聞かせください。

お母さま)
ちょっと早いかな…とも思ったんですけど、タイミング的に受験もこれからで、5-6年生は夏期講習もあるので、行くなら今かなと思っていたところでした。
夫が見つけてきて「4年生で行ってみる?」と言ったら本人も本当に迷いなく「行く」って言ったので。

 

2.今回の海外サマープログラムご参加の狙いや目的はございましたか?

お母さま)
やはり外国で他の国の子たちとの触れ合いで刺激を受けてもらいたいというところと…。
あと、一人で生活のことも含めてやってみるということもなかなか日本だとできないかなと思って。

 

3.実際に行かせるにあたって不安だったことはなんですか?

お母さま)
この子は一番上のお姉ちゃんなんですけど、お部屋の片付けとか苦手で(笑)。
あと、少しペースがのんびりしているので、団体生活をしていく中で「●時に出発」とか「この時間にご飯」など、そういうのを守れるか。
それから「ものをなくさないか」という生活面が一番不安だったところですね。
ただ、本人が全然不安がってなかったので、あまり心配はなかったです。

 

4.行く前は心配なことやドキドキしたことはありませんでしたか?

Iさん)
ないかな。ワクワクしていた!飛行機も楽しみにしていた。

 

5.プログラム参加中に大変だったこと、困ったことはありましたか?

Iさん)
携帯を落として、「やっちまったー」って思った…。

お母さま)
帰ってきてからなんかソワソワしていて、どうしたのかなと思って「おかえりーどうだった?」って言ったら「実はさ…」ってはじまって(笑)。
最終日で良かったね(笑)。

Iさん)
ほかは…整理整頓が苦手だからキーカードをなくしたりしたこともあった…。
どこだ、どこだ、と思ったらファイルのところにちゃんと挟んであって。
あと、クレジットカードだけしか使えないところが結構多かった。
水を汲むところもめっちゃ遠いし大変だったかな。

 

6.サマープログラム参加中のレッスンやアクティビティで楽しかったものはありましたか?

Iさん)
夕方と朝のレッスンがあって、夕方の「Saved earth」という地球をテーマにした工作が楽しかった。
紙を切ってハートの紙に貼ったりして、絵を描いたりしたかな。

あとUCLA周辺に先生が用意したポケモンのカードを隠して、みんなでそれを見つけるというのが楽しかった。
UCLAめっちゃ広いんだ。あっ、ここもUCLAかって。

レッスンはTISの方が難しいような気が…読むのは簡単だったけど書くのはスペルとかがわからない言葉があったから、それだけちょっと難しかった。

 

7.サマープログラム参加中の食事はどうでしたか?

Iさん)
ご飯は美味しかった!
すごくガッツリしている味かと思ったけど、日本とそんなに変わらなかった気がする。

コーンフレークがすごい量あって。
いろいろ食べてみたらマシュマロが入っているものが明らかにマズそうで、やめた(笑)。
なんかユニコーンの形でピンクとか水色だったから(笑)。
日本でも食べていてるシュガーのやつにした。

ほかには、グラタンみたいなものがあって、マカロニで美味しそうだったし、「Spicy」とかそういう言葉がなかったから大丈夫かなと思って食べたらめっちゃ辛かった(笑)。

 

8.サマープログラム参加中、現地の先生やスタッフは困ったらすぐに声をかけてくれましたか?

Iさん)
すぐ「どうした?」と聞いてくれた。ちょっと時間が余っているときに「何のゲームする?」とか気にかけてくれた。

あと、夜におやつ食べながら明日の予定とかを聞いていて、英語もそんな困りはしなかったし、わからない単語もそんなになかったと思う。わからない時は聞いたら教えてくれたから良かったかな。簡単な言葉で説明してくれた。

 

9.サマープログラム参加中、他の国の子とはどんな交流がありましたか?

Iさん)
サンフランシスコの子がすごい洋服を着ていて、そのTシャツに日本語で「スケボー少年力が動く」みたいなすごい言葉が書いてあって。
「何て書いてあるの?」って聞かれたから教えたら、めっちゃびっくりしていた(笑)。
「いちごミルク」って書いてあるやつ着ていた人もいたし(笑)。

お母さま)
話を聞くと、お互いがんばって英語で喋っていたようです。
でも通じないこともあったみたい。
連絡先交換をしようとしたときに「contact」(連絡先)が通じなかったとのこと。
「contact」と言ったらそのお友達は「コンタクトレンズ」のことか思った、という経験もあったようです。

 

10.途中、遠足やお出かけがあったと思いますが、それはどうでしたか?

Iさん)
アメリカは、日本だと室内にあるようなものが外にあることが多いから、暑い日とかは疲れた…。
ユニバーサルスタジオにも行って、PETSのアトラクションが一番楽しかった!
2週間で3回遊園地に行ったし楽しかった!

 

11.思い出深いエピソードはありますか?

Iさん)
「Star camper」という、「よくできました賞」みたいな、チームの中で1人だけもらう賞をもらったのが嬉しかった。
何回も来ている子が選ばれるのかなって思ってたら、私も選ばれたから。
普通にやっていただけだけど…(照)。

 

12.実際にお子様が一人で参加して帰国された姿を見ていかがでしたか?

お母さま)
連絡はとれていたのでそんなに不安はありませんでした。
でも帰ってきてほっとしたのはありましたけど…。
あとは、「なんとかやれるんだな」っていう思いでした(笑)。

 

13.サマープログラムに参加して良かったですか?

Iさん)
うん!楽しかった。
また行きたいくらい!

 

>> 海外サマープログラム2023説明会お申込みはこちら <<
※当スクールの在校生のみが対象です。