【Q&A集】在校生対象-2022年7~8月 心身ともに大きく成長できる海外サマープログラム | 東京インターナショナルスクール

2022.02.14

【Q&A集】在校生対象-2022年7~8月 心身ともに大きく成長できる海外サマープログラム

Hello Everyone,

先日2022年2月13日(日)に、株式会社留学情報館と提携、東京インターナショナルスクール キンダーガーテン/アフタースクールの生徒だけの特別「海外サマープログラム」のオンライン説明会を開催しました。
>> 【在校生対象】2022年7~8月各週5組限定!心身ともに大きく成長できる海外サマープログラムのご紹介 <<

当スクールの在校生が対象のこの説明会でしたが、当日は110名を超える方に参加いただきました。

説明会中の質疑応答の時間や説明会後のアンケートでは、いくつかのご質問をいただきました。
その質問への回答を留学情報館の担当者 長者原様・大関様からいただきましたのでここでお知らせします。
当日の説明会にご参加いただいた方も次回3月12日(土)にご参加の方も、サマープログラムへの参加の検討にぜひご参照ください。
※一部、説明会を聞いていただいた前提でのご質問・回答が含まれます。
※現地への問い合わせなどで現在確認中のご質問があります。それらは後日、こちらに追加します。

海外サマープログラムに関するお問い合わせ先 :株式会社 留学情報館(担当:大関さま)

>> 留学情報館お問い合わせフォーム <<


フリーダイヤル:0120-053-530
受付時間 火-金 11:30~20:00/土 10:30~19:00/日月祝 休み

 

―――――
質問1:
同伴は、親でなくても大丈夫ですか?

回答:
基本的にはご両親以外の同伴はお受けできません。現地で病院での処置など有事の際にご両親の同意がその場で必要になる可能性があるためです。
―――――

―――――
質問2:
説明会で案内のあった費用は、大人一人と子ども一人分の値段でしょうか?

回答:
はい、親御様1名+お子さま1名の費用になります。
―――――

―――――
質問3:
仮申し込み用の申込フォームはいつ届きますか?

回答:
説明会終了後、当日中に留学情報館からEメールでお送りします。
―――――

―――――
質問4:
新型コロナウイルス感染症の状況で催行中止の場合、キャンセル料はどうなりますか?

回答:
「国境が開いていて渡航可能な状況で、新型コロナウイルス感染症が心配でお取消しをする」という理由の場合は、通常通りのキャンセル規定になります。
たとえば、イギリス政府が新型コロナウイルス感染症が理由で日本人の入国を禁止した場合は、授業料は全額返金されますが、滞在費などは通常のキャンセルポリシーが適用されます。詳細は、お申込金をお支払いされる前のタイミングに留学情報館からお送りするEメールに添付の約款にてご確認いただけます。
―――――

―――――
質問5:
・新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種証明書は子どもも必要でしょうか?
・8歳の子ですがコロナのワクチンはまだです。まだ接種券も来てないのですが、申し込みできますか?

回答:
2022/02/13時点での入国条件は、https://www.ryugaku-johokan.com/info/covid19/ からご確認いただけます。ただし、入国の条件は数日の間に変更されることもあるのが現状です。渡航が近づきましたら、改めてその時点での入国条件をご確認お願いします。
―――――

―――――
質問6:
イギリス カンタベリーのプログラムへの参加には、ワクチン接種は必須ですか?

回答:
2022/02/13時点では、Passenger locator formの作成及び、入国後2日目までにPCRないしはラテラルフローテストの受検が必要です。ただし、入国の条件は数日の間に変更されることもあるのが現状です。渡航が近づきましたら、改めてその時点での入国条件をご確認お願いします。
―――――

―――――
質問7:
イギリスの現地オフィスは日本語対応していますか?

回答:
日本人スタッフはおりますが常駐ではありませんので、完全対応ではありません。
―――――

―――――
質問8:
アメリカ ロサンゼルスのプログラムについてです。昨今のアジア人への拒否反応などないでしょうか?

回答:
現時点で日本人が身の危険を感じるほどのアジア人への拒否反応はないようです。
ご参考までに一人のアジア系アメリカ人の親御様からのコメントをご紹介します。
「アメリカで問題視されている人種差別ですが、正直ロサンゼルスでは全く感じたことはありません。アジアンヘイトが叫ばれているので、少しでも偏見的な物言いをするとアジアンヘイトと思われるかもと思い、逆に丁寧に対応してくれるということがあるくらいです。テレビで取り上げられているニュースは、極々一部で起こったことにフォーカスされて発信されていると感じています。周りの友人に聞いても、差別を受けたと思うことは無いという見解で一致しています。娘の学校は白人50%、アジア人30%、アフリカ系アメリカ人10%、その他10%といった人種構成ですが、差別に関しては新型コロナウイルス感染症の前後で変わったことは一切ありません。」
―――――

―――――
質問9:
共働きのため、親の2週間の休みが確保できない可能性があります。その場合、自分の勤め先では1週間の間はリモートワークで対応できるのですが、現地でリモートワーク用の場所などの提供はあるのでしょうか?

回答:
リモートワーク用としての場所の提供はありません。
―――――

 

―――――
質問10:
現地プログラム内で設けられているコロナ対策はどのようになっていますか?例えばマスク着用必須や、毎日のPCR検査等。

回答:
【イギリスのプログラムについて】※アメリカのプログラムについては現地確認中
イギリスの事情ですが、現在マスクの着用やソーシャルディスタンスは任意の責任となっております。またPCR検査なども毎日行う必要はなく、検査はコロナの症状がみられる場合のみとなっております。それでも現行室内ではマスクを着用される方ももちろんいらっしゃいます。
―――――

―――――
質問11:
滞在先の広さを知りたい。
滞在先のアメニティを知りたい。

回答:
【コンコード】
寝室、キッチンダイニングリビングのスペースがあります。
キッチン、調理器具、食器、冷蔵庫、洗濯機、清掃用具、寝具が備わっております。テレビはありません。洗面用具やタオルは御持参頂くか、現地調達になります。

【ロサンゼルス】
ワンルーム、ワンバスルーム。
キッチン、冷蔵庫、基本的な調理器具、食器、洗濯機、乾燥機など。
―――――

―――――
質問12:
渡航前には申込しなかったが、現地でやっぱりシッターが必要になった場合、現地でもシッターの手配可能か。

回答:
【ロサンゼルス】
可能です。
―――――

―――――
質問13:
コンドミニアム、レジデンスホテル等のリクエストは可能でしょうか?

回答:
【ロサンゼルス】
できる限り考慮しますがご希望に沿えないケースもございます。
―――――

―――――
質問14:
共働きのため、親の2週間の休みが確保できない可能性があります。その場合、自分の勤め先では1週間の間はリモートワークで対応できるのですが、現地でリモートワーク用の場所などの提供はあるのでしょうか?

回答:
リモートワーク用としての場所の提供はありません。
―――――

―――――
質問15:
【コンコード】について、現地滞在先のチェックイン・チェックアウト時間を知りたい。

回答:
【コンコード】下記のような時間になります。
チェックイン→日曜日14:30以降
チェックアウト→日曜日9:30まで
―――――

―――――
質問16:
【コンコード】について、キャンプの途中参加・離脱は可能か?

回答:
【コンコード】
その日程分の返金・減額はいたしかねますが、対応は可能です。
―――――