【やってみてどうですか?】グラマー・カリキュラムってなぁに?(2) | 東京インターナショナルスクール

2021.01.20

【やってみてどうですか?】グラマー・カリキュラムってなぁに?(2)

Hello Everyone,

今回は、前回ご紹介したLTE Junior コース「グラマー・カリキュラム」に実際に取り組んできた子どもたちや先生たちの声をご紹介します!
>>前回「【2021年4月本格スタート】グラマー・カリキュラムってなぁに?(1)」<<


突然ですが、まずはここで語学(英語)習得豆知識をご紹介します!

【英語はカンタン!英語は楽しい!と思う環境作りを】
英語と日本語は類似点が少ない言語です。ですので、お子さんの英語の知識が増えれば増えるほど、その違いに気づき、疑問点が増えていきます。そんな時、母国語を使って疑問をその場で解決しながら学びを進めることは、理解を深める目的だけでなく、英語に取り組むモチベーションを保つ上でも、とても大切です。これからの時代、英語との付き合いは社会人になっても続きますので、「英語ってカンタン!楽しい!」と感じながら英語学習に取り組める教材選びや声かけが大切になります。

グラマー・カリキュラムで、「すぐにできそうな」「簡単に見える」教材を使っているのはそういった背景からです。また、バイリンガルチューターが、その場で疑問を解決するサポート役を担っているのも同様の背景からです。「自学で進められる」ちょうど良いテキスト教材に取り組んで、丸をたくさんもらった後は、会話や音読チェック、理解度チェックを組み合わせインプットとアウトプットを活発に行なっています。


授業だけでなく宿題を通して、学んだことを思い出しながら取り組むことが有効です。おうちでの宿題もご家族一緒に楽しく取り組めると、より定着が図れます。授業も宿題も「楽しんで取り組む」ことが大切です。

 

ではここからは、これまでグラマー・カリキュラムに参加してきた子どもたち、保護者のみなさま、先生やスクールマネージャーからのコメントをご紹介!

 

保護者の声:

◇本人の英語力に合ったレベルから勉強を始めることができ、継続して本人のベースで進めることができます。

◇1級ずつテストを受けて昇級するという形がとられていて、無理なく着実に力をつけながら達成感を得られるようになっているため、子どもは、どんどん英語に自信をつけていきました。

◇LTEコースの通常授業の担任のネイティブ先生がグラマー・カリキュラムも指導してくださることで、指導に一貫性が保たれるとともに、バイリンガルチューターとのチームティーチングにより、より丁寧できめ細やかな指導をしてくださっていると感じています。

◇学年相当のレベルの内容を英語で行うLTEコースの授業と、本人の英語力のレベルにあったグラマー・カリキュラムを並行して受けることによって、子どもの英語の勉強に対する意欲と関心が高まっていると感じます。

 

スクールマネージャーコメント:

◇進級する事でCertificate(賞状)をもらえるので、次にページを進めたいというやる気とモチベーションになっていようです。初回の賞状をもらうと、とても嬉しそうな顔をして、みんな一気にやる気スイッチが入るようです。

◇ホームワークを出すことで自宅でも英語を勉強する習慣付けができたという声をいただきました。

◇小学3・4年生になると大人と話すのが恥ずかしい、という生徒も増えてきますが、グラマー・カリキュラムの時間にネイティブの先生と英語で個別に会話するチャンスがあることで、教師やバイリンガルスタッフに対して恥ずかしいと感じる姿勢が減り、クラス外でも気軽に心配事やテキストのわからない部分の質問をしてもらえたりと、スクール全体が生徒にとって居心地の良い場所(学びに集中できる場所)になっているのではないかな、と思います。

 

ネイティブ教師のコメント:

◇取り組む教材が習熟度別になっていて、初めて英語に触れる生徒も、また、長くスクールに通っている生徒も自分のペースで学習ができるので、成功体験や達成感を味わいながら学習ができているようです。

◇子どもたちと個別に会話ができる時間を持てることがとても嬉しいです。Vocabulary Building Sheetの「クイズに答えよう」欄を活用して、一人一人と楽しく会話をしています。

 

 

子どもたちからのコメント:

◇発音が聴けるペンを使えることが楽しい!

◇テキストを見るだけでは何と発音するかわからなくても、ペンで聞けば分かる!

◇分からない単語があるときはペンで何回でも繰り返して確認できるのがいい!

◇自分の頑張り次第でどんどん進むことができて楽しい!

◇修了証をもらえると、もっと頑張りたい気持ちになれる!

 

子どもたちが楽しく、自主的に取り組みながら、英語の読む・聞く・書く・話すに取り組むことができるグラマー・カリキュラム。
LTEコースで受講できます♪気になる方はこちらものぞいてみてください。
>>LTE Juniorコース グラマー・カリキュラムのご紹介<<