保護者様の声 | 東京インターナショナルスクールキンダーガーテン/アフタースクール

保護者様の声

キンダーガーテン

年長・Kくん
のお母さま

キンダーガーテン

英語で学ぶことと、
日本人としてのアイデンティティを
大切にすることを両立できる
環境だと思います

ご兄弟で通っていただいていますが、入園の決め手は何でしたか?

兄が3歳、弟が1歳の年まで海外におり、日本でも英語を続けたかったのですが、一方で日本人らしさも忘れずにいてほしかったので、それらを両立できそうなこのスクールを選びました。また、私自身も小6で初めて海外に引っ越したのですが、そこで英語は英語で学ぶ方が楽だと実感していたので、語学習得を考えた時に、こちらの「英語で学ぶ」という環境も決め手になりました。

「日本人らしさ」を重視するきっかけとなったことはありますか?

海外にいた時に、自分の接してきた文化や考え方を説明できずもどかしい経験をして、改めて幼少期に日本のことを学ぶ大切さを感じたので、子どもたちのスクールも、日本の文化を理解し、教えてくれるところを選ぼうと思いました。その上で将来は、色々な考え方があることを知るために、海外で学ぶ機会も作ってあげたいなと思っています。

スクールでの経験が生活の中で見えることはありますか?

兄弟ともShow&Tell(みんなの前でプレゼンテーションをする時間)を楽しみにしていて、英語で発表する内容を自分で考えながら、ウキウキして待っています。人前で話すことに抵抗がないのはうらやましいですね。また、英語環境で過ごす中でも、日本人らしいお友だちへの思いやりや社会性も同時に育まれていると感じます。あと弟は今ダンスが大好きで、先生が教えてくれた曲が街中で聴こえると、英語で歌いながら自然と身体が動いています。 兄は今小2で、卒園後こちらのアフタースクールに通っていますが、家でニュースを見ていても、スクールで先に学んでいた話題の時は、私に日本語で説明してくれたりもして。英語で学んだニュースをちゃんと理解できているんだなと思います。

キンダーガーテン

年中・Rくん
のお母さま

キンダーガーテン

自信をもって自分の意見を言うようになりました

当園を選ばれた理由は何ですか?

日本の子どもに合う環境になっていることです。カリキュラムは、「英語が母国語ではない子どもが、英語を習得する」ということを考えて作られていますし、しつけの面も、ラフすぎなくていいなと思いました。実際にToddlerコース(年少の1つ下のコース)に半年ほど通ったのですが、スクールの雰囲気も良さそうだったので入園を決めました。

小さなうちから英語環境で学ぶことを選ばれたのはなぜですか?

「楽しく、能動的に学ぶ姿勢」を身に付けてほしいな、と思ったからです。私も以前主人の仕事で海外にいて、そこではじめて英語環境に身を置いたんですが、自分の意見を堂々と話したり、持論を展開することにすごく難しさを感じて。そういうコミュニケーションを、皮膚感覚というか、頭で考えずに当たり前にできるように、小さいうちから楽しく自然に「自分の意見を言う」という環境に馴染んでくれたら、と思いました。

当園に1年間通われて、何か変化はありましたか?

自信をもって自分の意見を言いますね。最近は私と意見が異なる時に、「お母さんのChoiceもいいけど、これはぼくのChoiceだから」と主張したりして。お互いに意見がある、ということを分かって議論できているのが嬉しいです。それから年少の終わりにはすごく英語が出てきて、単語ではなく短いながらも文章で話していました。英語の歌を習うのもすごく楽しいみたいで、よく歌いますね。家族で海外に行った時には、現地の人に話しかけられると自分で答えたりもしています。

キンダーガーテン

年少・Sちゃん
のお母さま

キンダーガーテン

勉強の根底に“楽しかった印象”があるのは
幸せなことなのではと思います

当園を選ばれた理由は何ですか?

この子の兄がこちらのキンダーガーテンに通っていたことです。兄の時は色々と探していたんですが、インターナショナルで、設備が整っていて、日本の子どもでも入りやすくて、というところがなかなか無く…。ここは英語環境に加えて、立地や設備が良かったです。そして体験レッスンを受けた時、「ぼく、今すぐここに行きたい」と言ったのが決め手でした。引っ込み思案な子だったのですごく驚いたんですが、とにかく本人がすごく気に入っていましたね。妹の方も、やっと兄と同じ憧れの場所に入れた、という感じです。

Sちゃんは、入園してから変わったことはありますか?

入園前までは幼いながらに「自分は英語がしゃべれない」という自覚があったようで、上の子含め家族が英語で会話していると「英語でしゃべらないで!」と怒ることもあったんです。それが、ここに入園したことで参加できるようになってきました。まだ入園から1ヶ月ちょっとなので時折正しい英単語が混じるくらいですが、「英語を話しているぞ!」という雰囲気を出していますね。兄も、妹が自分と同じ英語の歌を知っているのが嬉しいみたいで、正しい歌詞を教えてあげながら一緒に歌ったりしています。

カリキュラムについてはどのように感じられていますか?

年少・年中のうちは、まだ小さいですし、楽しく過ごしてきたんだな、英単語を覚えてきたんだな、という感じでしたが、兄の年長の1年間はすごく濃密でした。たとえば科学的なことやソーシャルスタディーズなどを、色んな角度から英語で学んで、感じて、自分たちで考えて…。知的好奇心を刺激してもらったことで、見える世界が広がったな、と感じます。ニュースでどこかの国が出てきたら、地図を持ってきて、授業で学んだのと同じ方法で調べてみたりもしていて。これから進学して“勉強”をしていく中でも、このキンダーガーテンでの「探究して面白かったな」「みんなでアイディアを出し合って楽しかったな」という印象が根底にあるというのが、すごく幸せなことなんじゃないかなと思います。

アフタースクール(学童保育)

小1・Kくん
(週5日)
のお母さま

アフタースクール(学童保育)

子どもの性格をよく把握してくれる外国人教師や
スタッフに安心してお任せできます

当校を選んだ理由は?

フルタイムで仕事をしているので、保育園より1時間早い公立学童の終わる時間に家にいるのは難しい…と悩んでいたところ、学校の前で配っていたチラシで存在を知りました。スクールバスで迎えに来てくれること、19時お迎えであれば保育園時代と変わらないこと、いざというときには21時までの預かりがあることが決め手となりました。もちろん、ただ遊ぶだけでなく、英語が自然に身に付けられる、というのも魅力的でした。

教育方針はどうですか?

当初は、公立学童の英語版という感覚しかなかったのですが、きちんとしたテーマに沿ったカリキュラムが組まれていること、英語はあくまで手段であり表現力や人としての在り方まで学べる教育方針に共感しました。学期末の評価シートには、子どもの特性や性格をよく把握している経験豊富な先生ならではの細やかな評価が書かれていてびっくりしました。日本人スタッフもいますし、自分が子どもを直接見れない時間帯も安心してお任せできます。

週に5日、放課後は英語のみというのに不安はありませんでしたか?

何とかなるだろうとあまり心配はしていませんでした。小学校に入学し、新しい友達と環境の中で勉強し、その後、アフタースクールで英語に囲まれる。当初は、体力的にも精神的にも大変だったろうと思います。帰宅後、夕飯を食べながら寝てしまうこともしばしばありました。でも、子どもの適応力は素晴らしいですね。最初は、自分の意思表示がうまくできなくて、もどかしい思いもしたようですが、すぐに友達もでき、小学校とアフタースクールのダブルスケジュールにも慣れました。曜日ごとのテーマに沿った探究プログラムの準実習が充実していて楽しみにしているようです。アフタースクールでの英語はプログラムの中で学ぶ仕組みですし、言えないからダメ、テストでいい点がとれないからダメ、という評価でもありません。間違えると怒られるわけでもない。ただ、困ったら日本語でしゃべっちゃえ、という逃げの環境がないことで、子どもも英語に集中できることができていると思っています。年に1、2回、家族で海外旅行をするのですが、通学して1か月ぐらいのときは、聞かれていることにイエス・ノーで答えるくらいだったのに、 5か月後には、簡単なフレーズは自ら話せるようになっていました。うらやましいほどの上達ぶりです。このまま日本の小学校に通いながら、まるで外国にいるように英語に囲まれる環境がいいですね。

アフタースクール(学童保育)

小4・Rくん
(週3日)
のお母さま

アフタースクール(学童保育)

小1から3年2か月通学したおかげで、海外のIB認定校に合格。
英語だけでなく、積極性も身に付きました

当校を選んだ理由は?

実は、「英語は習わせたほうがいいかな」と思ってはいたのですが、特に熱心に英語の教育施設を探していたわけではありませんでした。たまたま、こちらの案内リーフレットを目にして、主人のほうが興味を持ち、入学させることになりました。主人は、昔、留学をした経験があり、現在も仕事で日常的に英語を使っているので、「英語は“勉強”としてではなく、コミュニケーションする手段として、絶対、身に着けておいたほうが良い」という考えでした。そういった意味で、こちらのスクールの教育体制はベストでした。

今回、海外のインターナショナルスクールに留学されるそうですが?

はい、プーケットにある、IB認定校のブリティッシュ系インターナショナルスクールへの入学が決まりました。世界中から留学生が集まり、自然の中で学べる良い環境のスクールです。この夏から、寮に入り、この子1人で留学です。 1年生から、こちらのスクールに通学させていただき、4年生になった頃から、今後の進路として国内のインターナショナルスクールを探し始めたのですが、たまたま、今回行くことになったインターに知り合いのお子さまが通っていて、直接、子ども同士話す機会があったんです。インターの様子を聞いたら、本人も「行きたい」と言い始めました。

この3年2か月、スクールに通学してお子さまは成長しましたか?

実は、今回のインターに向けて、ほとんど、受験勉強はしなかったんです。当日は2時間ぐらい、インタビューやケンブリッジテストなどのテストがあり、親は別室で待機という形だったので、大丈夫かな~と心配していたのですが、担当した教師から「お子さまは言っていることがほぼわかっているし、ゆっくり説明を1回したら、理解して自分でどんどん問題を解いていったわ、大丈夫」と言われて、驚きました。現地のマーケットでも、タイの方のタイ訛りのある英語が聞き取れずにいたのですが、子どもに「ママ、こう言っているんだよ!」と教えられたりしました。普段、家にいるとなかなか話してくれないので、気づかなかったのですが、英語力が本当についたなと感心しました。 英語を話すことに自信がついたことで、英語以外のことも積極的になれた気がしますし、クッキングや絵を描くこと、モノづくりなど五感を使うことにより一層、興味をもって集中して取り組めるようになりました。

東京インターナショナルスクールアフタースクールはどうでしたか?

とにかく、こちらのスクールは、カリキュラムが素晴らしいです。そして、先生方のレベルの高さ、施設の広さや綺麗さ。他にはないと思います。実は、小学1年生の頃だったか、一度、英語に少しつまずく時期で、スクールがいやと言い出した時がありました。他のスクールなども見学にいってみたりしたんですが、結局、本人がやっぱりこちらのスクールがいい!といって、やめました。他のスクールの授業を受けてみて、こちらの楽しさに気が付いたのだと思います。親である私もスクールの大ファンだったので、親子でとてもさみしいです。また遊びに必ず来ます。

アフタースクール(学童保育)

小3・Sくん
(週4日)、
年長 Kくん
(LTEコース)
のお父さま、
お母さま

アフタースクール(学童保育)

英語力だけでなく、「人」を育ててくれる場だと思います

当校を選んだ理由は?

お父さま:下の子(Kくん)の幼稚園を探している時、同級生の子のお母さんから教えてもらって、このスクールを知りました。それから、こちらのキンダーガーテンの説明会に参加し、坪谷代表の話を聞いて、「ただ英語を勉強するのではなく、英語でグローバル・スキルを学ぶ」という方針や「日本人としてのアイデンティティも大切にする」という考え方に共感したのが、このスクールを選んだきっかけです。私自身、小学6年生までは日本、それ以降はアメリカの学校で教育を受けたのですが、日本語の教育を受けたことは自分の資産になっていて、子どもたちにも小学校まではしっかり日本の教育を受けてほしいと思っていました。結局、日中は日本の小学校や幼稚園に行かせたほうが良いだろうと妻と話し合い、上の子(Sくん)をアフタースクールに入れることにしました。下の子はLTEコースに入れ、小学1年生からアフタースクールに入学する予定です。

このスクールに入る前と後で、お子さまに変化はありましたか?

お母さま:授業で習ったものを家で作ったりしていますね。入学したての1年目には見えていなかったものが、2年、3年と学びを深めることで興味が出てきたようです。他にも、「職業体験」の授業でカメラマンを探究したことがきっかけで、カメラに興味を持ったり…色んな経験ができているので、それがこの先どこかにつながればいいなと思います。下の子も、週1回の通学をすごく楽しんでいて、毎回笑顔で帰ってきます。3時間という時間もあっという間に感じているようです。まだ小さいので、なかなか難しいかなと思っていたのですが、最近は、彼の中で英語ブームがやってきていて、家でもたくさん英語が出てくるようになりました。
お父さま:上の子は音楽が好きなので、歌詞を英語で理解しようとしているのですが、こちらに入ってからは、「だいぶ分かってるな」と感じます。街中で英語の看板を見てもちゃんと読めますし…すごいな、と思いますね。 英語以外にも、いろんな国の言葉に興味を持ちはじめて、たとえば中華料理屋に行った時に、「中国語で『おいしかった』ってなんて言うの?」と聞いて、お店の人に伝えようとしたこともありました。授業の中では「Food」が大好きなようで、将来はシェフになりたいと言っています。

当校の教師にはどんな印象をお持ちですか?

お母さま:子どもが授業で作品を作った時、先生は完成度より”過程”をほめてくれました。「答えは1つではない」という多角的な視点があって、そういうところですごく子どもを伸ばしてくれていると思います。
お父さま:上の子は、3年間たまたま同じ先生についていて、彼の人生の中で一番長い付き合いの「先生」なんです。なので、本人には落ち着く場にもなっているようで、すごくスクールに行きたがります。きっと信頼関係があるんだと思います。日本の学校だと、なかなかそこまで生徒との信頼関係を結べないですよね。そこは非常に重要なポイントだと思います。

お子さまにはどんな教育を受けてほしいですか?

お父さま:中学生になってからは、日本の義務教育以外の選択肢を考えています。個々人の伸ばすべきところを伸ばしてくれる環境での教育に切り替えたいですね。下の子もアフタースクールに入る予定なので、兄弟2人が同じ環境で過ごすことが、どう子どもたちに影響してくるのか楽しみです。上の子は、これからアフタースクールの最高学年になりますが、このスクールは英語だけでなく、人として育つ重要な要素がある場だと思っているので、小学5年生からのアカデミックコースも続けさせたいと思っています。

アフタースクール(カリキュラム)

小4・Tくん、
小1・Yちゃん
(週3日)
のお母さま

アフタースクール(カリキュラム)

教育方針、カリキュラム、先生方の実績、サポート体制……
すべてに満足しています

当校を選んだ理由は?

最初は夫が見つけてきました。子どもたちに英語をやらせたいと思って、色々情報をあたっていたのですが、しっくりくるものがなくて。この学校の説明会に参加した時に、英語はツールで、英語だけ出来てもダメ。母国語をしっかり学び、日本を理解した上での英語での教育、という点にピンときました。先生方の実績、学校としての歴史も信頼できるものがありました。

入学してみていかがですか?

4年生の兄と1年生の妹で週3日通っているのですが、やらされている感がまったくなく、日本語を覚えたのと同じ感覚で、自然に身についている感じがします。通学するようになって1ヶ月ぐらいで兄妹で挨拶や相槌など、生活に密着した単語が飛び交うようになり、半年たった今では、単語がまとまった文章になってきています。兄妹で、発音や文法についてよく話したりもしています。2人とも友だちもでき、プログラムも楽しいらしく、ずっと通いたいと言っています。のびのびと、でも、きちんと規律も教えてくれる先生方のことも大好きなようです。

当校のサポート体制はどうですか?

実は、私が英語はあまり得意ではないんです。親も子もコミュニケーションは全て英語だったら嫌だなというのが正直な気持ちでした。その点、ここの学校は英語が苦手な保護者へのサポート体制もしっかりしていて安心しました。日本人スタッフは英語と日本語でサポートしてくれますし、配布物にも基本的には日本語訳がついています。学期末には先生と面談させていただく機会があったんですが、先生もゆっくり分かるように話してくださいますし、分からない時には日本人スタッフがフォローしてくれます。

アフタースクール(カリキュラム)

小5・Hくん
(アカデミック)、
小4・Aさん
(アフタースクール)
のお父さま

アフタースクール(カリキュラム)

“英語の勉強”だけではないところに価値があると思います

当校に継続して通って頂いている理由は?

私自身帰国子女で、子どもたちにもそれなりの時間をかけて英語環境に身を置いてほしいと思っていました。小学校選びの際は、授業の内容や“地元”ができるという意味でも公立小学校を考えていましたが、共働きなので、放課後はどうしようか、と妻と話していて。そのときにこのスクールを知り、学童でありつつ、その時間を英語環境で過ごせる、という点が、ちょうどニーズに合うなと思いました。子どもとしても、座って英語を“勉強する”のはあまり楽しくないのだと思いますが、ここではクッキングや作品づくりなどのアクティビティ自体を英語で行うので、本人たちも気に入っていますし、私もそこに価値があると感じています。「Easy-peasy」や「Yucky」など、英会話スクールではなかなか学ばない、年相応の生きた英語が身につくのもいいですね。アカデミックコースになると、レベルもかなり高くなり、先生にも満足しているので、今後もできるかぎり継続していきたいです。

お子さまは英語で会話されることはありますか?

家庭では恥ずかしいようで、日本語ですね。ただ、海外旅行の時は現地の人とコミュニケーションをとって、やりたいことをできているようです。英語に対して構えている印象もないですね。兄の方はすでに小学校でも英語の授業を受けていますが、外国人の先生とのコミュニケーションを楽しんでいる様子です。その小学校には駐在員のお子さんも通っていて、日本語が得意でない子も中にはいるのですが、彼がホストになってその子たちのサポート役を務めたりもしていて。彼の中では、英語が特別なものだという意識もないのではないかと思います。

今後の進路はどのようにお考えですか?

この先がどうなるか、子どもたちが何をしたいかもまだ分からないですし、兄と妹でそれぞれ違った個性を持っていますが、なるべく子どもたちがやりたいことを信じてあげたいですね。ただ、受験でも仕事に就く時でも、英語ができることで選択肢が世界に広がるので、英語は継続させていきたいです。学習塾に通うようなこととは別の意味で意義深いと思うので、英語環境に身を置くことを可能な限り続けていってほしいなと思います。

LTE

Nちゃん
(幼稚園児)
のお母さま

LTE

生きた英語を学ぶだけでなく
子どもの成長すべてをサポートしてくれます

教育方針はいかがですか?

カリキュラムがいいですね。テーマがきちんと設定され、学べる仕組みになっている。あとは子どもがそのテーマのゴールに自分なりに到達した時に、なんでこの勉強をしたんだろうと、きちんと理解できる。聞く、話す、書く、読むはもちろん、本当に生きた英語を学べるカリキュラムだと思います。子どもも3時間があっという間のようで、「もっとしゃべりたい」と楽しそうに通学しています。

先生やスタッフはどうでしょうか?

この学校を選んだ理由のひとつが「どの先生でも同じ教育ができる」ということです。たとえ先生が変わっても、マニュアル的ではなく、教育者としての教育方針やカリキュラムが統一され、質の担保がされている。特に、先生方が子ども一人一人の特性をきちんと見てくれている、と実感したのは、学期終了後にもらった評価表です。いいことだけでなく、成長していくために伸ばすべきところなどもきちんと書いてあって、この学校は信頼できる、子どもをちゃんとみてくれていると思いました。日本人スタッフの細やかなサポートも助かっています。

今後の進路について

今は週に1度のLTEコースですが、小学校になったら一般の小学校で日本人としての教育を受けつつ、アフタースクールでグローバルスキル教育を続けたいですね。インターナショナルスクールは、本人の選択肢が狭まると思うので考えていません。1日の中で、両方から学ぶのが理想的です。

LTE

Kくん
(年中)
のお母さま

LTE

単なる文法教育ではないカリキュラム。
子ども自ら、すすんで学んでいます

当校のLTEコースを選ばれた理由は?

共働きなので、子どもが生まれた時から学童を探していたのですが、ただ預けるだけでは子どもの時間がもったいないね、と主人と話していました。同時に、こういう時代なので何かしらの形で英語を学ばせたいとも思っていて。このスクールは学童+英語という条件ぴったりでしたし、さらに説明会に参加して、「本人達が楽しみながら、自然と英語やグローバル・スキルが身につけられる」というカリキュラムに魅力を感じたので、主人と満場一致で「絶対ここがいい!」と決めました。もともと他の保育園に行っていて、小学生になったらこちらのアフタースクールに通わせようと考えていましたが、せっかくなら吸収の良いうちから始めよう、と年少から週1回のLTEコースにも通わせることにしました。

LTEコースに通われていて、お子さまの様子はいかがですか?

すごく楽しそうにしています。私も幼少期に英語を習っていたのですが、教科書に則って定型文を学ぶようなスタイルで、イヤイヤ行っていた記憶があって。この子はホームワークも嬉々としてやっていますし、それを見ている下の子が「ぼくも絶対行く!」と言い出すぐらいです。 先生のことも、こんなに?というぐらい大好きですね。週に1回でも、3時間、ランチタイムも先生と一緒に過ごす中で、信頼関係ができているんだと思います。

今後のお子さまの教育についてはどうお考えですか?

英語を話せるだけでいいのかな、というのはずっとありました。私自身、仕事で英語を使う時に“わかるけど伝えられない”ことにすごく苦しんで、「自分で考える力」と「伝える力」の必要性を痛感しているのですが、その力は、教科書どおりのことを教わっていたら、たとえ英語ネイティブが教えるとしても、伸びない気がします。このスクールは単なる文法教育ではないし、「答えは1つではない」ということもカリキュラムを通じてわかるようになるので、将来海外に出ても物怖じしないだろうなと思いますね。具体的な進路はまだ決めていません。小学生の時点で、英語でコミュニケーションできるぐらいになっていれば、そこから先は本人の意思でどんな道に進むか決めていける気がするので。ただ、幼少期にそのような礎を作ってあげられるのは親ですし、アドバンテージがあることで進学や職業の選択肢も広がると感じます。色々なことに興味を持って、ゆくゆくは「ぼくはこうなりたいから、今これを勉強しよう」と、自分で計画していけるようになればいいなと思います。